グリル花のこと

e0257402_1002873.jpg



「トンカツがたべたい」

私のこのつぶやきが花さんへ行くきかっけだった


個展中、無性にトンカツが食べたくなって

ひとひ店主に紹介してもらった岡本の洋食店



学生の街岡本は

カフェやお洒落な雑貨屋がたくさんできて

石畳の道の脇、階段を上って2階のここは

タイムスリップしたような

時間が変わらないような

懐かしい感覚のところ


初めて入った4月の上旬

その日は冬のように寒い日で

店主のおやっさんが出してくれた味噌汁が

冷えた体を温めてくれました


1週間後再び訪れて

具だくさんのクリームシチュー

そして昨日3度目は大好きなオムライス


この地でずっともう25年

来る7月14日

お店は営業を終えるそう


私はこのお店を知ってまだ3か月

3カ月/25年

だけどなんだか寂しいな


昨日は奥さんもお店に入ってらっしゃて

おふたりからヒストリーをたくさん聞いた

馴れ初めも聞いた笑

25年前によく来ていた甲南大生が

閉店を聞きつけて

先日たくさん訪れてくれたそう

当時の学生がもう40代

その間変わらずお店はここにあって

それはとてもすごいことだ


おやっさんは若いころから飲食業で

洋食一筋50年

ずっとブレずに50年


テーブルから眺めたお二人の姿が

とても素敵だったもんで

まるで親戚のように話し込んで

気づけば閉店時間を過ぎていた


「グリル花」

花は期待したとおり

奥さんのお名前だった


残りあと9日

もう1度行けるかな

ご自慢タルタルソースのエビフライ

食べにいかなくちゃ

e0257402_1002935.jpg

[PR]
by minenote | 2014-07-06 09:55 | 絵日記
<< コラージュの後半戦 無心のなすところ >>