<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

はんなりお宝本



一目ボレをしました

京都のレトロ雑貨店でみつけた絵話本!

e0257402_21511837.gif

あちゃー開いてまたときめく
e0257402_21513498.gif

背表紙に至るまでこのおしゃれ感
e0257402_21514639.gif

初山滋さん装丁のお宝本でした!!
出会えてとてもラッキー☆

もいっちょジャケ買い。こちらは童話集^^
どちらも復刻版だそうな。
e0257402_21515769.gif


このお店、平日は人形を作っているというちょっと不思議なお兄さんが
週末限定でされているらしく、土地柄外国の方がおみやげに買って行ったりするそうで。
お店の名前がでてこない…ごめんねお兄さん。

こののらくろ本だって、どれも装丁が相当おしゃれ!
こちらセット売りだそうです。
あぁテンション上がり、雑貨やさんで汗かいたw

e0257402_2152528.gif


本買って、近くの六波羅蜜寺へ。
あのお口からポポポポポポと仏さんが出ている空也上人さんで有名なお寺です。

おみくじ引いて、木札に願い事を書き、リンをならしお祈りしていたら
左ななめ後ろにいた社務所のおじちゃんが

「そんな音じゃ神さん昼寝からおきないよ」

えっ昼寝してはるんですか!?笑

それは困るともう一度リン鳴らそうとしていたら
おじちゃんすーっと私たちの背後に座り
なんだかお経唱えながら
一緒にお祈りしてくれました。

「はい、叶いますように~」

すーっと戻って行かれる。

なんだかおじちゃんありがとう!

六波羅蜜寺を後にし
高台寺に向かう道すがら
友達とともに浮上した

おじちゃん空也上人やったんちゃう?

という疑惑(笑)

もしも願いが叶ったら
空也上人兼おじちゃんに
ぜひ報告に伺おう!

e0257402_21521468.gif


やっぱりここは宇治金時で◎

幼なじみとはんなり京都旅でした^^
[PR]
by minenote | 2012-06-27 22:50 | 日常アート

syakёさん展@soramimibunco

e0257402_20522389.gif


syakёさんの展示を観に、西宮香櫨園にあるソラミミブンコさんへ

syakёさんの展示を初めて観せていただいたのは
たしか2年ほど前、栄町のBERGさんで個展されてたとき。
森の小人みたいなかわいい子たちがひとつひとつの作品のなかで生きていて、
とても愛らしくてあったかい作品たちだなと思いました。

それから何回か個展を観に行って感じるのは、
毎回微妙に変化があること。
syakёさんの子供の夢の国のようなあったかい世界観は変わらず、
その上で遊ぶものが毎回プラスされていっているような気がして、
次はどんな風になるんだろう!?何が加わるんだろう!?
ってまた楽しみが続いていきます。

今回ピンクのブタサンが!ミョーに私のツボでした^^
なんか応援したくなる、気になるよブタサン…
1つ1つの絵から物語が広がっていく作品は
とっても素敵だなぁと思います。



ソラミミブンコさん、ずっと気になっていた洋書屋さんだったから
ここに入れてのもまたうれし◎

e0257402_21273893.gife0257402_21275092.gif


お店の中にはヴィンテージの海外絵本が並んでいます。
木のぬくもりがほっこりする素敵な洋書古本屋さんです。
午後の太陽光もいい感じ◎
カフェも利用できるので、
ゆっくりお茶のみながらいろんな世界を広げるべし。

まわりをのんびり歩いてみる
やっぱり香櫨園はいい町だ
空いてる土地を見たならば
そうここに欲しくなる
夢の一軒家お庭つき!


展示会は7/7まで。
ただしソラミミブンコさんは「日月火水」がお休みなので

木・金・土の12:00~17:00


このタイミングをのがしちゃいけんのです!笑
[PR]
by minenote | 2012-06-18 21:51 | 展示会レポ

~絵話塾@gallery vie~

e0257402_21571930.gif


神戸海岸通に建つレトロな海岸ビルヂング
ここの3階にギャラリーVieさんがあります
ギャラリーの隣で開講されている『絵話塾』
絵本やイラストのことを第一線で活躍する講師から学ぶ教室
2004年から始まり、今年でもう9期目です

毎年他県から新幹線で通う受講生がいるとは聞くけど
今年はなんと!絵話塾に通うため
宮古島?沖縄?から関西に移住してきた人がいるらしい!
ス、スゴイ。アツいですね。

私は第5期、イラストコースを受講しました。
講師は全員第一線で活躍されている方ばかりで
好きなアーティストのCDジャケットをデザインした人だったり
店頭に並ぶ国民的お菓子のパッケージデザインした人だったり
大好きだった絵本の作家さんだったり
毎月楽しみにした月刊誌の編集長だったり
そんな憧れのちょっと遠い世界の方々が
目の前にいる、それだけで興奮。
とても贅沢な時間でした。

先生たちの考え方や感じ方、
仕事のことや経験談、
言葉の1つ1つが魅力的で刺激的だから
全部聞き逃したくなくて
瞬きと呼吸を忘れてしまいそうなほど
特別な時間でした。
なにより楽しかった。毎週土曜の2時間がドキドキした。

その時の同期メンバーと毎年展示会をしています。
そこでまたいろんな人と出会えたり、
毎回発見があって、学びもある。

そんなきっかけをつくってくれた絵話塾
今期は時期を遅らせての開講となったけど
来期はどうなるかわからないらしい。

同類の京都のインターナショナルアカデミーも
3月で休校となり、
こういう形で第一線で活躍する講師に会える教室は
関西でおそらくもうここだけなのに。

ギャラリーもそう。
国の有形文化財のビルディングにある
レトロで落ち着く神戸らしい魅了が詰まった空間なのに
万が一なくなってしまうなんてことがあったら
神戸の街にとっても、とんでもなく寂しいことです。

私も受講するか2年ほど迷いましたが
あの1年がなければ、今経験できていないこと
出会えていない人たちがいるのは明らかです。
何よりやらずの後悔は根強く残るとこがあるし。
もし迷ってる人がいるならば
見学なりなんなり、動いてみてほしいなって思います。

講師・授業内容についてはこちらで詳しく⇒
http://www.galleryvie.jp/kaiwajuku/k-ehon.html
[PR]
by minenote | 2012-06-17 20:58 | 日常アート

バクのキンカン☆

e0257402_11571431.gif


ちょいと前ですが

姫路セントラルパークにて

バクの赤ちゃんが産まれた

金環日食の5.21産まれなので

『キンカン』と命名されたそう。

なんだかバクってスキで

作品でもモチーフに使ったけど

架空の生き物だと思ってたところあり(空飛んでるし・笑)

実物テレビで見たら

うりぼうみたいだったのでちょっとびっくり!


気になったのでちょっと調べたところ

『バク』には

●実在のバク(奇蹄目バク科の哺乳類)

●空想上のバク(形はクマに、鼻は象に、目はサイに、脚はトラに、
尾は牛に似て、人の悪夢を食うといわれる、中国の伝説の幻獣)

の2種類がある、つまり

●実在のバクをもとに空想上のバクがうまれたのか

●空想上のバクに似ている哺乳類がバクと後付け命名されたのか

さぁ、どっち!?



e0257402_1212753.jpg

こげ茶の下地に白のしま模様

半年で模様は消えるんだって。

世紀の天体ショーの日に産まれただけに

もしや君は実在にして空想のバクちゃんではないか

夜中悪夢喰いに風船引っさげてとんでってるんじゃないか

と思わずにはいられない。笑



バクズキそして姫路は地元だけになんだかうれしいニュースでした!

つよく、元気に育っておくれ^^
[PR]
by minenote | 2012-06-08 20:58 | 絵日記