南三陸町ワークキャンプ



こんなにおいしい魚介を
私はいままで食べたことがない
e0257402_22201630.gif


10/21~11/3まで
宮城県の南三陸町に行ってきました。

先に書いた「国際交流×ボランティア」の活動は
NGO団体が主催する国際ワークキャンプいうもので
日本各地、世界各国にボランティア活動の拠点を置き
多種多様な人が各地に集まり共にボランティア活動をする
といったものです。
日本人が海外の活動に参加しに行ったり
外国人が日本に活動しに来たり。
英語を共通語として一緒にワークします。

学生時代以来のワークキャンプに参加を決め
さてどのプログラムに参加するか…
せっかくだから海外へ!とも考えましたが
現状況と需要の高さから、東北に決めました。

津波の被害を大いにうけた宮城県南三陸町は
もともと1/3の住民が漁業、農林業に携わっていたところ
津波により家、工場、船等が流されて
漁師さんの多くも仕事を辞めざるを得なくなってしまったそうです。
ここで仕事を続けている漁師さんの手伝いを、と
日本各地から3名、イタリア、ウクライナから各1名、
年齢層20代~60代と多様なメンバーが集まり
地元漁師さん宅の倉庫?をお借りして寝泊りさせてもらいました。

メインワークはこの時期もっとも忙しくなる
“わかめの種つけ”だったのですが、
この夏の猛暑の影響で種が十分に育たず
時期がずれ込んでしまったため残念ながら作業かなわず…。
漁師さんの仕事は天候次第、
海の状態でその日の仕事内容がかわるため
今回のワークはスケジュールの先読みができず
若きキャンプリーダー(現役大学生、若い!)も四苦八苦でしたが、
そんな中でも漁師さんのニーズを聞き取り、
さまざまな作業のお手伝いをさせていただくことができました。

海に浮かべるフロートの掃除
e0257402_15213531.gif









へばりつく貝や海藻やらを刃物でそぎとります
e0257402_1522467.gif









フロートに目印のペインティング
(漁師・鉄雄さんの「テ」)
e0257402_15223388.gife0257402_15225564.gif









ロープしばり(そうじゃない、こうやってしばるんだ、の絵)
e0257402_15233832.gif









海に沈めるストーンバックへの石詰め
e0257402_1524767.gif









昆布のパッキング
e0257402_15243088.gif








海が荒れて仕事ができない日は
塩入地区に行って瓦礫撤去作業。
屋根瓦や陶器、木くず、鉄などまだまだ散乱している状態でした。

朝市に同行させてもらったり
漁師さんの仮設住宅を訪問させてもらったり
漁師ミーティングに参加させてもらったり(漁師はみんな基本シャイさん)
船に乗せてもらったり(このロープにワカメの種をつけて海に沈めて育てるそうです)

e0257402_15262621.gife0257402_15264597.gif










また2日間はワークなしの日が設定されていたので
地域復興のためのイベント「福興市」を観に行ったり
(地元演歌歌手の方、雨でお客さんが閑散としてしまう中…ものまね、自虐ネタ、
歌いながら握手しに来てくれたり、体の張り様に脱帽、もうこれは尊敬の域)

e0257402_15271019.gife0257402_15272150.gif











ちょっと足を延ばしてメンバーと鳴子温泉に行ったりも
(ここの水道水、ありえないくらいのうまさでした)
e0257402_1530082.png











毎朝町内放送とともに目覚め、
広い海の水平線からあがってきた太陽光をさんさんと浴びながら
外にはったテントの下で朝ごはん。
テレビもパソコンも触れず
ガスコンロで自炊のシンプル生活。
メンバーは皆とても協力的で仕事熱心。
ワーク中盤の現状把握のミーティングでは
良い点・悪い点を話し合い率直な意見が飛び交いました。

心配してた英語も始まってしまえば日常に問題はないものの
(いやかなりジャスチャー効果)
海外参加者への津波や漁業の説明、
地元の人の気持ちを伝える際、
あぁもっと英語ができれば詳細に伝えられるのに!と思う点が多々あり
その歯がゆさがとても悔しくて、
だから英語は今後も続けていこうと思いました。

地震から1年か8か月経った今の気仙沼・南三陸地区です。
e0257402_15282573.gif

e0257402_15284494.gif

国道は大きなトラックも行き交い、
歩道が十分にないためそばを歩くのは危ない状況です。

近くにスーパーはなかったですが、
こうした市場的なショップで買い物してました。
e0257402_1529157.gif

ちらほらとプレハブの簡易ショップもでき始めています。

寄付金使途、二重ローン問題や高台移転の話など、
いろんな話も伺いました。

メインの種付け作業ができず、
果たして効果的な助けになっているのかな?
と途中思うこともあったのですが、
最後に地元漁師の方々から
ただこうしてここに来てくれることが一番うれしいこと、
一番つらいときに支えとなるのはマンパワーであること、
人と人との繋がりがこれからの支えになるから
これでさよならじゃなくこれが始まりとして
また来てほしい、そう言ってくれたことが
深く心に響きました。

結婚する際は必ず報告よこすように、とも(笑)

貴重な2週間の経験をさせてくれた地元の方々と
ワークキャンプのメンバーたち
そして長い休みを許してくれた
職場の上司と先輩方にほんとうに感謝しました。
ここに書きれない詳細は別にノートに書き留めておこうと思います。
そしてまた必ず漁師さんを訪ねて行こうと思います。

お世話になった漁師・鉄雄さんのHP⇒
http://hatakeyamasuisan.web.fc2.com/

私の冷蔵庫・冷凍庫は今こんぶでギュウギュウ。
この昆布たちがなくなったら
また鉄雄さんにfaxしよう◎
[PR]
by minenote | 2012-11-11 23:11 | 絵日記
<< 終了! ちょっと延長のおしらせ◎ >>