無心のなすところ

e0257402_9551172.jpg


自分の好きな色を使って

その時の気持ちや思ったことを

ぬったりきったり形にしたり


そうして表現したものを

言葉に置き換えてみてみたら

飾らないありのままの気持ちを

軽くすっと表現できたような。



『絵を描くことを通して

自分とコミュニケーションをとる』


個展で出会ったお友達が

そんなワークショップをされていて

先日私も参加しました◎


初めて出会った参加者のみなさんと

それぞれ表現したものを共有してみたら

意外だったりおもしろかったり


たとえば普通に話して過ごす時間では

きっと見えなかったであろう部分が

互いに見られて気がしました


魅かれる色に触れているときは

ほんとうにただ楽しくて

大きな壁に塗ったり貼ったり

おもいっきり描いたりした個展の際の

めちゃくちゃに楽しかった感覚が

ふっと蘇る瞬間があり


このところ

日々が少しワサワサしてて

気づかぬうちにしょっていた

余計な衣が淘汰されて

あとに残ったものに向き合ってみたら

自分が大好きなこと

大切にしたいことが

変わらずはっきりとありました


とてもシンプルなことだけど

日常に追われると

ついつい埋れてしまいがち

無心になってあらためて見つめ直すことは

継続のためにも自分のためにも

たいへんに必要なことだと思いました



ワークショップ主催者の

かよちゃんのHP→


同い年の彼女には

いつもわくわくする刺激をもらいます


これからも

のびのびぐんぐん

どっしりと^^
[PR]
by minenote | 2014-06-28 10:07 | 絵日記
<< グリル花のこと 東来春のシュウマイ >>