雪割一華

e0257402_21501510.jpg

早春に咲く花を調べていたら

雪割一華という花を見つけて

なんだかとても惹かれて描いた


雪どけとともに姿を現して

花を咲かせるからその名がついたとか


枝から離れずに最後まで生き抜いく葉に

声かけるようにこの花を描きながら

高校生のころ同じような絵を描いたことを思い出す


朽ち果てそうな樹木から
光がさすように咲く白い花の絵で

その頃は花の名など考えずただイメージで描いたのだけれど

今思うとこの雪割一華にとてもよく似ていて不思議

そのころ身近な人との別れがあって

一心不乱にその絵を描いて

お別れの時に詰め込んで


当時湧き出ていたいろんな気持ちが
絵を通して蘇るのは

音楽や香りではっと記憶が起こされるのと同じ効果のような



雪割一華の花言葉は『幸せになる』

一生懸命よく生きた葉に

この先もこの次も

きっと幸せになるよと声かけるように描きました


展示まであと半月

数がまだ全然足りてない…

ワサワサアセアセ

ドキドキする気持ちも含め

今だからこそ起こる感情を

覚えておきたいなと思います






by minenote | 2015-01-15 20:34 | 絵日記
<< 生まれた日 次の展示@GULIGULI >>